お金を借りる理由は人それぞれ!消費者金融なら男女関係なく気軽に借入可能

今のこの不景気の時代、まじめで堅実な人でもお金を借りることを考えることもありますし、実際に利用している人もいます。

イメージとして、お金にだらしのない人が簡単に借金に手を出したりすると思いがちですが、これまで自ら稼いだお金だけで生活をしてきた人でも、なかなか子供の教育費まで届かない。

そうした理由から消費者金融から一時的にでも借りるケースもあります。

家庭を持ち、住宅ローンを組んでいる人も、不景気でなかなか返済も苦しくなってきた。

そこで少しの間生活のために、ほんのわずかな金額だけ借入ケースもあります。

今や消費者金融の利用も他人事ではなくなってきているのです。誰でも身近になってきている時代と言えるでしょう。

今後も景気が回復しない限りは、消費者金融の利用は増えていくでしょう。

でも堅実に生活している人なら、完済までの計画をきちんと立てられるはずです。

本当に必要な時だけ、良く考えて利用するといいですね。

お金を借りる際に審査が不利になる他社の件数

金融会社にとって神経を注ぐのが他社の借り入れです。

消費者金融の場合は総量規制などで年収の3分の1以内、そして1社で50万円以上、他社と含めて100万円以上の借り入れとなると返済能力の確認のために収入証明書の提出を求めています。

銀行のカードローンでお金を借りる場合は総量規制に当てはまらないので、収入証明書の提出の基準も上がりますが、それでも件数が多いと審査に影響します。

件数が多くなるということは、1社あたりの与信額が低いということです。

そのために借り入れ件数も多くなる訳ですが、与信の結果として付与された利用限度額は信用度の大小に関わっているのです。

消費者金融などでは自主規制もあり、3社を基準にしています。

この数字は3社以内としていることもあり、2社でも審査の落ちることもあります。

実際にお金を借りている現在進行形の残高で捉えられることもあるのですが、件数が多いことは金額の大きさよりも重要視されている面があります。

男女両方のスタッフがいるから女性もお金を借りやすい

女性の社会進出が叫ばれてしばらく経ちますが、その経済効果は上々であると言われています。

目の付け所が男性とは違うなど、労働者の能力として認められた結果です。

お金を借りるための、たとえばキャッシングサービスを提供している消費者金融も女性スタッフを積極的に迎え入れています。

利用者の性別に偏りがなくなり、誰もが安心してお金を借りられるようになるためです。

女性にとっては、同性スタッフの声が聞こえてくれば安心します。

女性が借り入れをしやすい環境作りに貢献をすることはもちろん、消費者金融の利益に繋がるというわけです。

両者ともにメリットがあるため、男女両方のスタッフを配置しています。

以前は消費者金融に抵抗を持っていた女性も、業界全体の変化によって気軽に借り入れができるようになりました。

もともと性別を問わず借り入れが可能な条件が整っていましたが、女性スタッフを増員したことでより一層キャッシングを利用しやすくなったというわけです。

安心して即日にお金を借りる方法

給料日までまだ日があるのだけれど、どうしても今日買いたいものがあるという経験は誰にでもあるものです。

本来は給料日でお金が入った時まで待てれば良いのだけれど、どうしても今日買いたい、というときも有るでしょう。

そんな時に頼りになるのが、消費者金融のカードキャッシングやクレジットカードのキャッシングです。

カードを予め作っておくことで最近は銀行やコンビニのATMですぐにお金を借りることが出来るので非常に便利です。

しかし、このようなクレジットカードなどをまだ持っていない、という人も、あきらめることはありません。

多くの消費者金融では、無人契約機を設置しているので、現在借り入れなどがなくきちんと会社に勤務している人であれば、即日お金を借りることができるのです。

もちろん、借りたお金はきちんと返さなくてはいけないので、自分で確実に返済できるという事が前提ですが、最近は初めての利用で借りている期間が短ければ無利子の所も多いので、安心して借りられるところが増えています。

お金を借りる前に、お金を借りるための知識を仕入れよう!

初めてお金を借りる時、誰もが緊張しているでしょう。

それも当然です。

何も知らないことにチャレンジするということは、お金を借りることだけに関わらず、とても勇気のいることです。

しかし、何も知らないまま、ただ闇雲にチャレンジすればいいわけではありません。

必要なのは、まずそれに必要な『知識』を手に入れること。

 

  • 自分はいくらまで借りられるのか?
  • 借りた時の月々の返済額は?
  • 返済額のうち、何割が金利として持っていかれているのか?

などなど、挙げればキリがありません。

借金が返済できなくなって自己破産に陥る人も少なくありませんが、こうした人は先に知識を仕入れ、返済計画を立てることを怠ってしまったのかもしれません。

そのため、消費者金融に怖いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、「借り入れ」というものがどのようなものかを知り、返済計画を立ててお金を借りることは、決して怖いことではありません。

それによって人生が好転する人も多数存在しているのです。

この『お金借りるゼミナール』では、お金を借りる時に知っておきたい知識や、返済計画の立て方など、お金を借りる際に必要になるさまざまな知識を紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

今後減っていくであろう『過払い金請求』

最近、『過払い金請求』という言葉をよく聞くと思いませんか?

過払い金とは、払いすぎた利息のことです。

しかし、お金を借りたことのない人にとっては、「利息を払いすぎる仕組み」がいまいちわからないのではないでしょうか。

これは、数年前に改正された貸金業法と出資法で、お金を借りた人から取ってもいい利息がぐっと引き下げられたからです。

この法律は改正後の借金だけでなく、改正前の借金にも適用されることとなりました。

つまり、新しく定められた上限金利を超えた金額を金利として受け取っていた金融会社は、払っていた人に返還しなければならなくなったのです。

CMや電車の広告などで『過払い金』という言葉が有名になったので、借金を返済した経験のある多くの人が過払い金の返還を求めたでしょう。

しかし、高齢者などあまりメディアに触れない人の中にはまだ過払い金返還のことを知らず、昔の金利のままひたすら払い続けている人もいるようです。

もし、近くにそのような人がいたら、一度無料の法律相談を薦めてみるといいかもしれませんね。

現在の消費者金融は新しい貸金業法と出資法に基き、過払い金の発生しない利息でお金を貸し出しています。なので、今後は過払い金という言葉を聞かなくなっていくでしょう。

安心してお金を借りることができる仕組み

キャッシングで不安を感じることの代表格は、職場への在籍確認ではないでしょうか。

誰もが知っているような消費者金融の名前を出して、自身が職場に在籍をしているのかを聞かれると思われている方は少なくないでしょう。

そのような心配をする必要はなく、お金を借りる大切なお客様の社会的信用を失墜させるようなことを消費者金融は行いません。

今回挙げた在籍確認は、知れば納得できる安心の仕組みが整備されています。

在籍確認として職場に電話をかけてくることは避けられませんが、その際は担当者の個人名で名乗ってくれます。職場の仲間には、自身が消費者金融からお金を借りる事実が漏れにくいというわけです。

うっかり口を滑らせることがないように訓練されていますので、安心して在籍確認の電話を受け入れられるのではないでしょうか。

また、ご自身が電話に出られなくても、在籍をしていることが確認できれば問題ありません。

お金を借り入れるハードルが、少し低くなったのではないでしょうか。

未成年でもお金借りることはできますか

消費者金融などでは借り入れの下限年齢は20歳以上となっていますので、20歳未満の未成年はお金を借りることはできません。

大手だけでなく中小の金融会社でもお金を貸してくれるところは基本的にはありません。

中には学生専用のカードローンを行っている金融機関がありますが、ここでしたら18歳から貸してくれるかもしれません。

学生専用ですので、返済に関しても多少の融通が利きますので、未成年でどうしてもお金を借りたい場合には検討してみてもよいでしょう。

ですが親の同意が必要になりますので、親に内緒で借りることはできません。

ですがクレジットカードでしたら18歳以上で持つことができますので、クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば借り入れが可能になります。

ですが借りれば当然返済が待っています。

収入が不安定な状態で気軽にキャッシングを利用するのは避けたほうが無難です。

お金が必要な時にはできれば親に相談するなどして工面する方が安全です。

最短でお金を借りるベストな方法は

消費者金融でカードローンを申し込んで何日も審査にかかるのは非常に困ります。

お金が必要な時はできるだけ早く借りたいと考えますので、迅速に対応してくれる金融機関が便利です。

最近の消費者金融はパソコンやスマホから申し込みますと即日で融資を行ってくれます。そのためには前日に申し込みを済ませる方法が最短になります。

多くの消費者金融では、当日の14時前後までに申し込み審査がすめば、即日で借りることができますが、事前にわかっているのであれば前日に申し込んでおきましょう。

ネットからでしたら24時間対応できますので便利です。

即日対応でしたら振込キャッシングになり、カード自体は後から送られてきます。

さらにカードが不要なカードローンも多くなっていますので、いつでも必要な時に申し込めば、後は自分の口座から引き出すことができます。

もちろんコンビニを利用すればどこにいても便利に引き出すことができますので便利です。

お金を借りるのは時間がかかると思っている人もいますが、実際に申し込んでみると思いのほか迅速で驚く人も多いです。

このサイトでは、香典代、飲み会の会費、春の引越し代や病院の治療費にも役にたつを紹介しています。

お金を借りる人の心理とは

友人や知り合いに簡単にお金を借りても平気な人もいますが、多くの人は知り合いなどにお金を借りますとどうしても引け目や罪悪感を感じます。

ですので、借りることで心理的に目に見えない大きなストレスを抱えてしまうのです。

そうしたことにならないためにお金を借りたい場合には、消費者金融などのカードローンを利用する方が気分的に楽です。

キャッシングなどに多少抵抗ある人もいますが、今どきはごく普通にクレジットカードを持つようにカードローンを利用している人も少なくありません。

カードローンを健全に利用するためにはただ一点だけしっかり守れば大丈夫です。

それは期日までに返済するということです。

借りて返済日までに返すということを行っていれば、必要なお金を必要な時に賢く利用していけることになります。

返済を滞ると自分の個人情報機関の履歴に載ってしまいますので、今後も便利に利用したいのであれば、信頼を失わないようにきっちり返済していくことが重要です。

金融機関からお金を借りるメリットとは

お金を借りる時に金融機関から融資を受けるという方法がありますが、この方法では金利もかかりますしそれなら、知り合いなどに頼んだほうが良いのではないかと思ってしまう人も多いものです。

もちろん、快く貸してくれてトラブルにならないような相手がいれば、それが一番ともいえますが実際には人間関係が悪化する理由としては、金銭トラブルというのが多いものですからどれだけ親しい間柄であっても、お金の貸し借りというのはできるだけ避けたいものです。

そのような時に金融機関を利用すれば、嫌な顔をされずにすぐに融資をしてもらうことができますし、返済期限までは催促などをされることも無いので精神的にも気分は楽なものです。

手間をかけずにお金を借りることができ、その手間に対する対価として考えた場合には金利を支払っても融資を受けるというのは利点の多いものであり、上手に使えば急なお金のピンチを切り抜けることができるためとても便利なものなのです。