金利が高い?安くお金を借りる裏ワザ!お金を借りる方法で各種料金や買い物代金を決済するには?

お金を借りる時に真っ先に利用したくなる消費者金融はよくCMなどを流している大手金融です。

ですが、これらはいずれも金利が法定金利ギリギリであると高額なのがネック。

思い切って借りるには躊躇いを感じさせるに十分だとです。

ですが、安い金利でお金を借りる裏ワザが存在します。

それは、「中小貸金業者」を利用する事です。

中小消費者金融はあまりCMなどを流しませんし、従業員の数も大手より少ない為コストをかけずに運営しています。

商品であるお金は経年劣化や賞味期限があるような品物ではありませんし、金利を無理に高くする必要がない企業も多々存在するのです。

実際に探してみると少額なら銀行系などよりも安い1桁%程の上限利息の金融商品も存在します。

ネット未対応であったり融資時間に制限があるなど、若干サービス面で大手に劣るデメリットはありますが、とにかく金利を安くと考える方にはオススメできる裏ワザです。

近くの消費者金融は金融庁や貸金業協会に連絡先と共に掲載されているので、ネットや電話で調べてみるのも簡単です。

お金を借りる時点以外の審査と延滞の発覚について

1日でも返済日に遅れると、遅延損害金が発生します。

お金を借りる時に交わした契約が約束通り、履行できなかったための損害賠償金のような意味合いです。

金融会社では延滞の事実を信用情報機関に報告しています。

そのため、他社からみても返済が遅れている事実が分かる仕組みになっています。

1日の延滞でも遅延損害金が発生し、信用度も低下する訳ですが、これが長期になると事態は深刻なものになります。

信用情報機関が延滞と捉えるのは3ヶ月以上、入金がない場合です。

金融会社個々の問題が、信用情報機関を通じて公開される印象になります。

貸金業者はお金を借りる時点の審査に加えて、利用途中も途上与信で審査しています。

途上与信は信用情報機関を通じて他者の借り入れや利用状況をチェックするもので、この時点で長期の延滞があると利用停止などの債権保存の行動に走る恐れが出てきます。

全体に及ぶ点で3ヶ月以上遅れているのは致命傷とも言えます。

それを避けるためにも、個々の金融会社に相談して支払い方法の改善を図ることをおすすめします。

お金を借りる方法で各種料金や買い物代金を決済

携帯電話料金や公共料金、買い物代金などの決済の方法として、現金払いや銀行振込の方法がありますが、お金を借りる形で決済する方法も用意されています。

クレジットカード決済ならば、買い物をした時に店頭でカードを見せれば終了し、現金を持たなくても済みます。

携帯電話料金、公共料金の支払いにもカード番号を登録することで、すぐさま支払いが完了します。

キャッシング決済はカードで直接支払うのではなく、まず銀行や消費者金融などが提供するローンカードやネットでキャッシングを利用し、そのお金で現金払いや銀行振込で支払いを済ませるというものです。

クレジットカードもキャッシングも、お金を借りるという行為には違いはありません。

後日、定められた期限までに使った分の返済をしなければなりません。

一括払いの返済もできますが、その殆どが分割やリボルビング払いによる返済方法です。

期限を過ぎると遅延損害金を請求されますので注意しましょう。

大手銀行でお金を借りるならフリーローン等にも着目を

大手銀行のカードローンの魅力は低金利です。

金利が低いほど、お金を借りるコストとしての利息は少なくて済むので返済の負担も軽くなります。

しかし、低金利の大手銀行からお金を借りるためには相当の条件も必要です。

カードローンの金利の傾向として、信用度が高いほど低金利で借りることができます。

つまり、金利の高低は限度額と同じ、返済能力の高さに基づく信用度に比例するのです。

大手銀行の場合はカードローン以外にも目的ローンやフリーローンを出しています。

こちらはカードローンと比べて、さらに金利が低く、限度額も高いのが特徴です。

それだけに貸付条件も高いのですが、銀行口座を開設している場合は給与の振込みや口座振替などの実績次第では利用の道が開けます。

勤続年数や1年以上、会社員や公務員を対象にしていることも多いのですが、もし該当するならば金利の低い個人向けのローンサービスもおすすめです。

要はカードローンだけでなく、>幅広く大手銀行のローンサービスに着目して選択肢を広げるのです。