お金を借りる際の審査で有利に働く固定電話の電話番号!審査が甘い消費者金融でお金を借りる方法も

携帯電話やスマートフォンの所有率が上がるにつれ、減少しているのが固定電話の加入です。

特に若年層で持たないケースが多いのですが、お金を借りる時に有利になることもあります。

自宅の固定電話は一種の財産でもありました。

電話を担保に融資するシステムもあり、過去には多くの金融会社でも取り扱っていました。

現在は財産権の価値は薄れ、通信環境の進化と共に個々の家庭でネットを引くことも多くなっています。

自宅にインターネットは当たり前という印象もあります。

また、自宅に電話があれば有利になる理由は現住所とつながっていることもあり、信用度の面で重視されており、現在もその傾向は変わっていません。

お金を借りる時に電話番号は自宅と携帯電話・スマートフォンの両方を申告するのが通常となっています。

携帯電話・スマートフォンの電話番号しか持っていない場合でも契約は可能です。

以前は一つの連絡先としての価値でみられていたのですが、いつでもつながる、居場所をつかめることもあり、モバイルツールの電話番号だけでも利用は可能です。

お金を借りるための審査の内容って?

お金がないときやお金に困ったときは審査も非常に素早く即日融資が可能な消費者金融に頼ることで、その日にお金を借りることができるのでとても便利ですが、借り入れをするためには審査をクリアする必要があります。

初めて消費者金融で借り入れを検討している人は自分が審査に通るのか、基準は何なのかと少なからず不安を持っているものです。

消費者金融に申し込む際に必要な条件は20歳以上で安定した収入がある人なら誰でも申し込みが可能です。

また正社員でなくても契約社員やパート、アルバイトの方でも定期的な収入があれば立派な収入だと認めてくれるので、お金を借りることは可能です。

その他には職業や年収、勤続年数、住宅形態、家族構成などが審査の対象になりますが、よっぽどのことがない限りはクリアすることができるでしょう。

しかし過去に債務整理をした経験があったり、複数の消費者金融から借り入れがある場合は融資を受けるのが難しくなる可能性もあります。

審査が甘い消費者金融でお金を借りる

急にお金が必要になったときや、手持ちのお金では次の給料日までやりくりできないというときに消費者金融は頼りになるものです。

同じ消費者金融会社でも審査基準が微妙に違いますが、最近の消費者金融は審査が甘いので、誰でも簡単に借入れすることが可能です。

お金を借りるには審査に通る必要がありますが、20歳以上で安定した収入を得ている人なら申し込むことが可能です。

安定した収入というと正社員じゃなきゃダメなのかと思ってしまいがちですが、パートやアルバイトでも定期的な収入があれば借入れできる可能性は高いのです。

審査項目は名前、住所、職業、年収、勤続年数、住宅形態、家族構成などをひっくるめて審査にかけることになりますが、よっぽどのことがない限りはお金を借りることができるので、消費者金融は審査が甘いといえます。

しかし過去に債務整理をしていたり、複数の消費者金融から借入れしている場合は審査ではじかれることもありますので注意が必要です。

お金を借りるなら収入サイクルで返済期日の選択を

お金を借りると返済期日までに支払うことが基本です。

ただし、返済期日は月1回ペースが基本ですが、返済方式によっては月をまたぐことがあります。

例えば、35日サイクルが一例です。

消費者金融で採用されているもので、年間の返済回数に直すと約10回分となり、2回分ほど返済回数は減ります。

また、指定期日制の場合は返済期日までに追加返済可能ですが、15日以上前に返済すると、その月は2回返済日となります。

入金日によっては返済期日が変わらないことがあり、約定返済日に遅れると延滞扱いとなります。

つまり、入金したとしても追加返済の扱いになる訳です。

口座振り替えは指定の口座から月1回引き落とされるので、残高不足にならない限り返済は履行できます。

返済日や返済方式は選べるところもあれば、指定しているところもあります。

給与日など収入が入ってくる日を基準に返済日とするのが基本で、お金を借りることになったら、無理なく返済するためにも収入サイクルに合わせて選ぶことが大事です。