【マネ神様が教える】今すぐお金を借りたい人向け実践マニュアル

「今すぐお金を借りたいと思っていませんか?」

マネーの神様「マネ神様」は、今すぐお金を借りたい人の強い味方!

このページでは、お金の借り方とメリット・デメリットを詳しく紹介しています。

誰も教えてくれなかった大切なお金のことは「マネ神様」にお任せください。

 

1.消費者金融でのお金の借り方とメリット・デメリット

消費者金融でお金を借りるには、基本的に消費者金融に電話をし、審査に通れば無人契約機にて手続きをし、借り入れします。

もちろん今では、WEBから申し込めるので、スマホを利用する人が多いでしょう。

 

消費者金融でお金を借りる最大のメリットは何と言っても即日融資をしていただける会社が多いところです。

また、融資初日から30日間や最大180日間など会社によっては、無利息で借り入れを出来る期間があるところもメリットの一つとなります。

 

消費者金融でお金を借りる最大のデメリットは、やはり金利が高い点だと思います。

 

また遅延利率も高く設定されていますので、これから消費者金融で借り入れをしようか検討している人がいましたら、まず返済計画は必ずしてから借り入れをすることを強くオススメいたします。

 

2. 銀行でのお金の借り方とメリット・デメリット

銀行でお金を借りるには、インターネットか無人契約機にて審査が通れば手続きを行い、借り入れします。

 

銀行でお金を借りるメリットは金利が安いところが大きなポイントです。

金利が1パーセントでも違えば、返済総額は大きく変わってきますので、この金利が低い点は借りる側としてはとても重要であります。

 

銀行でお金を借りるデメリットは、込みをしてから実際に融資を受けるまでの時間が長いというところが大きいです。

 

融資をしてくれる会社はあるようですが、本当に一部のみです。

 

これから銀行で借り入れをしようか検討している場合、すぐにお金は必要ないが1週間後、一ヶ月後に必要といった時間の余裕のある人には最適の金融機関だと言えるでしょう。

 

 

3.郵便局でのお金の借り方とメリット・デメリット

全国どこにでもある郵便局ですが、実は郵便局(ゆうちょ銀行)でお金が借りることができるのはご存じでしたか?

 

郵便局でお金を借りる方法は大きく分けて2つあります。

 

郵便局には、いくつかの貯金プランを利用している方に向けて「自動貸付」という便利なサービスがあります。

これを利用するか、ゆうちょ銀行が代理業務を行っているスルガ銀行のローンやカードローンを利用して申し込むことができます。

※ただし、2018年にスルガ銀行のサービスはゆうちょ銀行で受けられなくなりました。

 

次に、郵便局でお金を借りる際のメリット・デメリットについて解説します。

メリットは全国の24000箇所の郵便局で利用可能。担保があれば無審査で一定の額まですぐ借りることができることです。

 

デメリットはゆうちょ銀行の場合、担保が無いとお金をかりることができません。

 

 

4.家族や友達などの身内からのお金の借り方とメリット・デメリット

家族や友人は信頼関係があるため、お金を貸してほしいと頼むだけで借りることができます。

そんな中で、メリットとしては、やはり金利手数料がかからないことが大きいです。

金額が大きければ大きいほど、金利手数料がないことの恩恵が大きくなります。

 

一応返済期日は一応取り決めしますが、支払いが滞っても問題はありません。

 

デメリットとしては、しっかりお金の返済計画など、細かい部分を決めておかないとルーズになってくる部分が出てきます。

 

最初に、月額返済、ボーナス払いしてなどと、返済計画を明確にしましょう。

 

身内や友人であれば、金銭トラブルで揉めてしまうと、後々大変ですし面倒なことになってしまいます。

 

5.クレジットカードでのお金の借り方とメリット・デメリット

クレジットカードでお金を借りるためにはまずクレジットカードを申し込んだときにキャッシング枠が「有」になっていることが大前提です。

もし「無」にしてしまったのであれば、クレジットカード会社に連絡して「有」に変更する手続きが必要です。

 

お金を借りるためにはクレジットカード会社が提携しているATMへ行けばOK。たいていのコンビニATMで可能です。

 

クレジットカードでお金を借りるメリッは、既に持っているショップング枠を使ってお金を借りることが出来るので面倒な手続きなし借りることが可能です。

 

こんなに簡単にお金って借りられるの?と驚くことでしょう。また全国のコンビニATMで借りられる点もよいです。

 

クレジットカードでお金を借りるデメリットとして挙げあられる点は手数料や金利が高い事です。

特に金利は15~18%程度に設定されていることが多く、超高金利です。

 

お金がないからと言ってクレジットカードのキャッシングを繰り返しているといつまでたってもお金は貯まりません。

 

 

6. 市役所でのお金の借り方とメリット・デメリット

市役所でお金を借りるなんて、なかなか聞かない話ですが、市民の生活に常に寄り添ってくれる役所でお金を借りることができます。

 

ここでは市役所で借りる方法やメリット・デメリットについて解説します。

 

市役所にてお金を借りる場合は「生活福祉資金貸付制度」という制度を利用します。

 

実際に市役所でお金を借りるのではなくて、市区町村社会福祉協議会という団体の窓口からお金を借りることとなります。

 

市役所でお金を借りる際のメリットとして非常に大きいのは、利子が非常に低い。もしくは、利子が無い場合もあります。

 

一方デメリットとしては、手続きが多く、融資まで時間がかかる上に、利用できる人が限られています。

 

 

7.勤務先でのお金の借り方とメリット・デメリット

お金が必要な場合、勤務している会社によっては、従業員の雇用環境の維持と、安定生活の確保の観点から、「社内貸付制度」を設けていることろがあります。

 

社内貸付制度は従業員に対する福利厚生の一環でもあるため、貸付金利が非常に低くなっており、一般的なカードローンを利用するよりもはるかに有利です。

 

ただ、社内から借入れるため、その情報は上司や同僚に知られます。借入の目的如何によってはお金にルーズな人と思われるようになり、人事評価に悪影響が出ます。

 

企業に貸付制度の無い場合は「給料の前借り」ということになります。しかし、「働くことを前提とした借入」は労働基準法に違反するため、今月働いた賃金分の中からしか借りることができません。

 

なお、前借りは給料の前払いであって借入ではないため、利息がかかりません。ただ、貸付制度の利用同様、悪い評価をされる懸念があります。

 

 

8.生命保険を利用したお金の借り方とメリット・デメリット

生命保険には「契約者貸付制度」があり、終身保険や個人年金保険など、積立タイプの保険に契約していると、解約返戻金を担保にしてお金を借りることができます。

 

生命保険を解約するわけではないので、保障はそのまま受けられます。

 

貸付額は加入期間によって解約返戻金の70~90%になっており、貸付金利は保険料の運用基準である「予定利率」より1~2%を上乗せされる程度なので、3%前後で借りられます。

 

そして、契約者貸付の最大の特徴が、返済期限の無いことです。

 

返済期限は保険期間満了日であり、仮に借入金を完済できない内に保険の満期日が来たり、被保険者が死亡したりした場合は、借入残高を引かれた満期保険金や死亡保険金が支給されます。

 

なお、貸付利息は元金に加えられる複利になっているため、返済が遅れると利息が膨れます。

 

 

9.支払いを猶予してもらう方法とメリット・デメリット

返済の猶予をしてもらいたい時、金融機関で借りた際にも、身内から借りた際にも共通して言える事は、正直に事前に話す事です。

 

どちらも、黙って返済日を遅れる事は絶対にしてはいけない事です。

 

金融機関なら、しっかり返済の難しさを伝えれば、返済日の延長をしてくれる所や返済金額を少なくしてくれたり、ボーナス払いに変更してくれる所もあります。

 

場所によっては、追加で延滞利息がかかる所もあるので事前の確認が必要です。

 

身内も同様で、返済の猶予をしてほしい理由をしっかり伝え、返済の意欲がある事を伝えましょう。

その場合、誠意が伝われば、猶予をしてもらえる場合が多いです。

 

 

10.闇金でお金を借りるときの3つのデメリット

闇金でお金を借りてしまうと大変なことになるのはご存知だと思います。

なぜ借りてはいけないのか?その3つのデメリットを紹介します。

 

金利が高い

闇金融は一般的な金融会社からお金を借りられない人が利用するところです。貸し倒れのリスクが非常に高いため、とにかく高い金利を設定しています。

 

その金利はクレジットカードのキャッシングなど比ではなく、10日で1割や10日で3割なんていう暴力的な金利をとるところも珍しくありません。

 

闇金に一度手を出すと、その金利のせいで逃れられなくなり借金は雪だるま式にどんどん膨らんでいきます。

 

取り立てが凄まじい。

闇金融の取り立てはすさまじく、暴力を振るわれたり命の危険にさらされることも少なくありません。

 

時間に構わずどこでも取り立てに来るため安心して生活できない日々が続きます。

 

法的に認められていない。

お金の貸し借りはトラブルがつきものですが、闇金融は法律の外で商売しているため何かあった時に法によって守ってもらうことはできません。

 

そういったところからお金を借りるということは違法なやり取りの片棒を担ぐことになるため決して利用するべきではありません。